kamo日々記

普段使いの夫、kamoの生活 kamo_life2

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

森田芳光という映画監督

2015年、私の今一番の旬の映画監督は森田芳光。
残念ながら若くして2011年の年末に亡くなられてしまいました。
80年代初頭のデビューからずっと名前を覚えていた監督です。

正直、かつてKamo青年はこの監督の余りにも
独特きわまる作風についてゆけず敬遠していました。
「の、ようなもの」が青年kamoにはまだ早かったのです。

そのトラウマから彼の活躍を遠巻きにみておりましたが
機が熟したのかこの年になって十数年ぶりに
ふと「間宮兄弟」という映画をDVDで見てみると・・・

い、良い、、、凄く。

子供の頃食べられなかったタマネギが
大人になって大好きになった感じとでもいいましょうか
えもいわれぬふくよかな旨みが押し寄せてまいりましあt。

一度飲み込んでしまった私は堰を切ったように見るのです。
「ときめきに死す」「ハル」「わたし出すわ」「39」「キッチン」
そして遺作となった「僕達急行A列車で行こう」。

苦手だった独特の台詞回しもテンポ、空気感
どれをとってもたまりません。

ネットで買い物はあまりしないのですが
ブックオフをめぐってもどうしても見つからなくて
先日これをネットで初めて本を買いました。

森田芳光祭
この本には監督の人間的魅力が満載でした。
周りの人にとても愛されていたのがわかります。

あぁ、もう鬼籍に入られてしまった監督の新作は見られない。
だいたい30本弱の映画を残してくれている。
これからは少し見るスピードをゆるめて
あわてず、味わいながら見ようと思います。

| 映画 | 21:28 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015/02/19 22:52 | |

お返事

>鍵コメ様

それはそれは寒い一日でした。
心臓が口から飛び出すかと思うほどの緊張の瞬間でした。
おかげさまで18年目を迎えました。

ありがとうございました。

| お返事 | 2015/02/19 22:57 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://kamo824.blog4.fc2.com/tb.php/924-f6af7ab3

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。