FC2ブログ

kamo日々記

普段使いの夫、kamoの生活 kamo_life2

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日本映画

私が思春期の頃、日本映画は斜陽産業でした。

かつての全盛期を知らない世代なので
中学、高校のころまでアニメなどは良かったものの
実写の日本映画は・・・

元気がない、つまらない、暗い、ちゃちい、いけてない・・・・
というイメージ。
良くて角川映画。

そんな影を引きずっていたので先入観として
基本的には映画は洋画、邦画はテレビでちょこっとでいいや、でした。

全部が全部そうだったわけじゃないというのが
今、勝手に邦画ブームになっているのでやっとわかりつつあります。
せっせと観て、良い作品との出会いがあると良いと思ってます。

今日はかつて全盛だった頃の名作を観ました。

飢餓海峡。
内田吐夢監督作品。
三国連太郎、伴淳三郎、高倉健。

それはそれは重厚なサスペンスドラマでした。
東野圭吾「白夜行」を少し髣髴とさせる生きるための影がテーマ。
白黒で、長時間ですが、今見てもかなり面白いですョ。
知らないでいるのはもったいないと思います。


飢餓海峡 [DVD]飢餓海峡 [DVD]
(2002/07/21)
三國連太郎、高倉健 他

商品詳細を見る

| 未分類 | 18:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kamo824.blog4.fc2.com/tb.php/912-8ed68177

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。